古い和服を処分の売却の秘訣

投稿者:

古い和服を処分すると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

きれいで新しめの品物のほうが高額査定がつきやすく、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定価格から差し引かれ、買い取ってくれなかったりすることもあるのだそうです。
シミは業者側がきれいにすることもあるとか。さすがにそこまで悪いのは手基にないので、とりあえず査定だけで持と思いました。まとまった量の着物を買い取ってもらい、全部合わせるととってもの現金が入ってくるかもしれません。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。
基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので色々なケースが考えられます。

少しでも気になるなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。

 

タンスの奥で長いこと眠っている着物の管理に悩んでいませんか。着物は着るべき時に着るもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

 

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。

今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。
いわゆる高級品であって、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

 

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

 

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので美しさを保つために、時節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。着物買取 広島